POSレジの種類

POSレジ

POSレジには大きく分けて4種類あります。

  • ターミナルPOSレジ
  • パソコン型POSレジ
  • ハンディ型POSレジ
  • タブレット/モバイルPOSレジ

ターミナルPOSレジ

もっとも一般的なレジで、スーパーやコンビニ等で導入されていることが多いPOSレジです。
バーコードやキャッシュドロアなど必要な機器が一体化されています。
専用のソフトウェアが導入されていて、業務ごとに様々なカスタマイズをすることもできます。

必要な周辺機器やシステムが一体化しているのはメリットですが、その分、導入費用も高額です。
また、システム更新時には置き換える必要があるため、ランニングコストも高くなります。

パソコン型POSレジ

パソコンにソフトをインストールすることで利用できるPOSレジです。
通常のパソコンとして使いつつPOSレジとしても利用でき、ターミナルPOSレジに比べて費用が安いのがメリットです。

ただし、単体で利用することは出来ないので、レシートプリンタやキャッシュドロア、バーコードスキャナなどの周辺機器を別途購入する必要があります。

ハンディ型POSレジ

薄型でコンパクトなPOSシステム端末です。
手のひらサイズで持ち運びが楽なので、バックヤードでの作業や催事販売の簡易レジなどに向いています。
飲食店で店員がオーダーを入力する端末を見かけることがあると思いますが、あれもハンディ型POSの一つです。

タブレット・モバイル型POSレジ

タブレット端末やスマートフォンにPOSレジアプリをインストールするだけで使えます。

イニシャルコストやランニングコストが安く、設置スペースも省スペースで済むため、導入のハードルがかなり低いのが魅力です。
また、タブレットやスマートフォンを利用する感覚で使えるため、直感的に操作できるため、レジ導入にあたりレジ研修に多くの時間を割く必要がありません。

そのため、個人店や小規模店舗に最適なPOSレジと言われています。

error: Content is protected !!